〜生きる力は食べることから〜

しらうめ保育園では旬を大切にし、なるべく無農薬・無添加の食材料を使うようにしています。可能な限り自然で安全な食材料を吟味し、日本の風土と季節にあった献立を心がけています。

和食を中心に素材のもつ味を大切に

素材がもつ甘味・苦味・旨味・香りなどを天然だしと合わせることでさらに引き出します。国産の安全で新鮮な食材にもこだわっています。野菜がたくさんでるので、よく驚かれますが子どもたちはみんな食べてしまいます。

素材の味、だしの味

天然醸造の味噌・醤油や天塩を使用し、食品添加物の入ったものや化学調味料などは使用しません。だしは昆布、鰹節を中心に、献立に合わせて干し椎茸や煮干、鶏がらや豚骨を煮込んで使います。
だしをしっかりとることで薄味でも素材の味を十分に活かした料理に仕上げることができます。

アレルギーのある子もない子も同じものを

アレルギーのある子も、可能な限りみんなと同じものを食べられるように「アレルギー原因食物第1位である卵」は使用しません。牛乳は料理には使用しますがそのものを飲むことはありません。

アレルギー児は代替食ではなく、可能な限りみんなと同じものを食べられるように工夫し、疎外感を与えない食事を目指しています。